未必のミニマリスト

ほぼ読書感想文です。たまに日記。

MENU

【非ミニマリスト】断捨離の反動

作用反作用の法則

kotobank.jp


今、無性に新しいスニーカーが欲しい。


2月にスニーカーを1足処分したし、
手持ちのスニーカーにも1足、
ソールに穴が空きかけている物がある。


それに、ここ数ヶ月は新しいスニーカーを買っていない。


断捨離の反動か、禁欲の反動か、
今、無性に新しいスニーカーが欲しい。

往年の名作"AIR JORDAN 1"か、
中学生時代、雑誌に載るそれを指をくわえて、
見てるだけしか出来なかった"AIR MAX 95"か。


色は白と黒(グレー)がいい。
派手さは無いが、主張も無い。
合わせる服を選ばず、永く愛用できそうだ。



スニーカーでも服でも家電でも、
何を買おうか色々探して、迷っている時間が楽しい。


機会費用と言われるかもしれないが、
自分がその時間を楽しめたら、それでいいではないか。



モノから得られる幸福感は、
買う(買った)瞬間がピークだと思っていた。


でも自分にとっては、新しく買ったモノを
初めて使う(使った)瞬間がピークだと気付いた。



ある、よく晴れた春の日。
まっさらな新しいスニーカーを履いて出掛ける。
想像しただけで少し、心が弾む。


素敵な靴は、
素敵な場所に連れて行ってくれる(かもしれない)。

【ミニマリスト】物の定数

物の定数

いったい自分はいくつの物を持っているのだろうかと、
ふと考える時があります。

多分、一般的な人と比べると少ない方だとは思うけど、
自分の中での適正量はいったい、いくつくらいなのだろう。


クローゼットや下駄箱からはみ出る量・数は論外として、
じゃあ、クローゼットや下駄箱の中に収まっていれば、
パツパツの量・数でもいいのかと聞かれると、
それも違う気がする。


テレビも家具もないガランとした部屋に、
スーツケース1つに収まるような量の私物。

同じ服や靴を数着だけ所有し、
毎日同じようなコーディネート。

全てに合理的でストイックな、
ガチガチのミニマリストになりたいわけじゃありません。


テレビも見るし、ゲームもする。
オシャレも好きだし、欲しい物は欲しい。

ただ、物が多くて雑多な感じは嫌で、
スッキリした身軽な暮らしに憧れます。


そんな自分の物の適正量はいくつか?

物の定数を決めることで、整理していきたいと思います。

アウターの定数:3着

nonnativeの"HUNTER DOWN JACKET"

2010AW発売のモデルなので、
かれこれ8年、9シーズン着用しています。

Myクローゼットの最古参。
自分が持っている服の中で、一番永く愛用しています。

とにかくシルエットが秀逸。

ダウン特有のモコモコ感が無く、
細身でスッキリしたシルエット。

保温性も抜群で、何にでも合わせやすく、
毎年、真冬はこればかり着ています。


最近はもう暖かくなってきたので、
クリーニングして次の冬まで保管中。


あとは他にフリースのジャケットと、
春・秋用の薄手のステンカラーコートの計3着。

アウターはこの3着があれば、今のところ十分です。


雨の日用にGORE-TEXのライトアウターが欲しいなと、
ここ数年ずっと思っているのですが、未だ購入に至らず。


手持ちのコートを手放して、
GORE-TEXのコートを買おうかなとも思っています。


バッグの定数:2つ

以前の記事にも書きましたが、

過去記事貼り付け

バッグはBRIEFINGのリュックと
エストバッグの2つしか持っていません。

バッグはこの2つで今のところ十分です。


物の定数は目安でしかない

この数を絶対守らなければいけない、
っていうわけではないので、
今後、欲しい物が見つかれば、
もちろん増える可能性もあります。

逆に、飽きたり傷んだりして、手放す、
減る可能性もあります。


物の定数はあくまでも1つの目安として、
ゆるくやっていこうと思います。

【ミニマリスト】アラフォー男子のMy定番 〜バッグ編〜

2月にバッグを1つ処分したので、現在バッグは2つしか持っていません。

リュックとウエストバッグの2つのみ。

ガチガチのミニマリストっていうわけじゃありませんが、
不要なバッグを処分していったら、結局この2つだけが残りました。


両方とも "BRIEFING" というブランドのバッグを愛用しています。
BRIEFING OFFICIAL SITE | ブリーフィング公式サイト


ミル・スペックに準拠した真の"ミリタリズム"を追求し、
卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして開発された "BRIEFING"。


"ミリタリー"をデザインソースに、強靭なパーツや最高峰の技術、
充分すぎるほどの機能をタウンユースモデルに搭載し、そして必要最小限のミニマムな機能として再構築。


「ミリタリー」とか、
「ミル・スペック」とか、
「MADE IN USA」とか、そういうの物にすごく弱いです。


特に「MADE IN USA」には、なぜだかすごく心が惹かれてしまいます。
new balanceのスニーカーとかも。


作りが良ければ、「さすがMADE IN USA」と思ったり、
逆に作りが大雑把でも、「これもMADE IN USAの味だよね」と思ったり。

魔法の言葉「MADE IN USA」。



主に通勤や一泊二日程度の出張、旅行にはリュックを、
休日のお出かけ時にはウエストバッグを使用しています。


休日の持ち物はいつもこんな感じです。

財布、コインケース、鍵のみ。

極力、荷物は持ち歩きたくないので、必要最低限の物さえ入れば十分。

あとはiPhoneと、ハンカチ代わりのバンダナをケツポケットに忍ばせてます。



長期の出張や旅行に行くこともしばらくなさそうなので、この2種類のバッグがあれば十分かと。

長期出張や旅行でスーツケースが必要になれば、誰かに借りれば済むかなと思ってます。


リュックはもうちょっとシンプルな物がいいかなとは思ってますが、
手持ちのバッグの数はしばらくこの2つで過ごそうと思います。


My定番もなにも、バッグは2つしか持っていませんよ、っていうお話。


↓クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

【読書】バカとつき合うな

堀江貴文氏と西野亮廣氏の共著「バカとつき合うな」を読みました。

言葉は悪いですが、いろんな「バカ」が登場します。

気になった「バカ」をいくつか。

付き合いを強要するバカ

お酒は好きですし、飲みに行くことも好きですが、会社の大人数での飲み会は苦手です。

大規模な飲み会には基本的に参加しないようにしています。

もちろん、お世話になった上司や先輩、一緒に仕事をしたことのある同僚、後輩の歓送迎会には出席しますが、
名前と顔しか知らないような、特に関わりのなかった人の送別会などには出席しません。

「送別会」とは名ばかりで、結局、仲の良いグループでかたまって飲んでるだけなので。

飲み会の出欠確認の時に「欠席します」と伝えると、「付き合いの悪い奴」みたいなレッテルを貼られますが、
そもそも、そんなに付き合いのない人の飲み会への出席を強要するなよと。

あと、愚痴と不平・不満の言い合いばかりの飲み会と、上司や上役をヨイショするだけの接待飲み会も苦手です。

楽しそうなら参加するし、そうじゃないなら参加しない。ただそれだけです。


無自覚に人の時間を奪うバカ

仕事中に電話を掛けてこられるのが苦手です。

仕事が溜まっているときや今日中に仕上げなければいけないとき、
せっかく集中して取組んでいるのに、電話が掛かってくると中断しなければいけません。

もちろん緊急時や今すぐ確認が必要な時は構わないのですが、
「それ、電話で確認する必要ある?メールでよくない?」と思うことも多い。

そういう人に限って、用件とは関係のない話がダラダラと長かったりします。

電話は、他人の時間に割り込みをするツール。
用件はポイントをまとめて簡潔に、急ぎじゃない場合はメールでお願いしたいもんです。


最後に

「こういう人いるな~」とか、「これ、自分のことじゃん」って思えることも多々あり。

「他人の時間」ではなく「自分の時間」を目一杯楽しむために、
くだらない慣習や常識、人付き合いや人間関係の断捨離も必要だな、と考えさせられる本でした。

興味のある方は是非、ご一読あれ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカとつき合うな [ 堀江貴文 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/2/22時点)


こちらもおススメです。

↓クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ミニマリストと行動経済学 ~なぜ着る服を選べないのか~

「クローゼットにはたくさん服があるのに、着る服がない」とか、

「服はたくさん持っているのに、結局いつも同じ服を選んでしまう」とか、そういう話をよく聞きます。

 

かくいう僕も買い物に行くと、既に持っている服と同じようなデザイン・色の服に魅かれたり、

実際に購入してしまうことも少なくありません。

 

「それが自分の服の趣味だから」と言ってしまえばそれまでですが、

服をたくさん持っているにもかかわらず、「着る服を決められない」、

「同じ服ばかりを選んでしまう」のはなぜなのか?

 

今回も行動経済学の観点から考察したいと思います。

 

決定回避の法則

 人は選択肢があまりに多すぎる場合に、選択することができなくなってしまう傾向があります。

これを行動経済学では「決定回避の法則」と言います。

 

先日、シャツが欲しいと思ってZOZOTOWNを見ていたのですが、

あまりの種類の多さに決めることができませんでした。

 

デザインや色、予算などの条件をある程度絞っても数が多く、

全部見るのがめんどくさくなって途中でやめてしまいました。

 

一見、選択肢が多いことは良いことのように思えますが、

多すぎる選択肢は返って決断を遠ざけてしまいます。

選択肢が多すぎると結局どれを選べばいいのかがわからなくなってしまうのですね。

 

だから「クローゼットにはたくさん服があるのに、着る服がない」とか思ってしまうのでしょうね。

 

現状維持バイアス

前回の記事でも触れた現状維持バイアス

girrafe1158.hatenablog.com

 

選択肢が多すぎると、ついつい同じものを選んでしまうのは、

この現状維持バイアスが働いているからです。

 

 

多数の選択肢の中からいつも選ぶ物=必要な物=残すべき物。

選択肢が多い(=物が多い)のも考えものですね、というお話。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

行動経済学まんが ヘンテコノミクス [ 佐藤 雅彦 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/2/17時点)

楽天で購入

 

クリックしていただけると嬉しいです

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

【ミニマリスト】アラフォー男子のMy定番 〜靴下編〜

だんだんと暖かくなってきて、少しずつ冬物から春物へ。

靴下も春用のものを新調しました。

FALKE RUN


靴下はドイツのFALKE(ファルケ)というブランドの物を愛用しています。
bshop-inc.com


人間工学に基づき開発され、足の形に合わせ左右非対称のデザインにすることで、
より心地良いフィット感と歩きやすさを実現しています。

左右を間違えないようにRとLのマークが入っているのも特徴。


春夏は薄手のRUNを4足、秋冬は厚手のWALKIEを4足、計8足でやりくりしています。

基本的に毎日洗濯するので、冠婚葬祭用以外はこの8足で充分事足ります。
足は2本しかないし。


価格は少々高めですが、貯まった楽天ポイントを利用して買っています。
今までは靴下なんて適当に選んでましたが、
気に入ったものを長く穿きたいなと。


処分した靴下たち。

というわけで、もう穿かない靴下はごっそり処分しました、というお話。


クリックしていただけると嬉しいです にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

【ミニマリスト】2月の断捨離結果

暇を見つけてはちょこちょこ不用品を処分しています。


主に着なくなった洋服、履かなくなったスニーカーなどをオークションサイトなどで売っています。

写真撮影、採寸、サイトへのアップ、発送等、正直めんどくさい事も多いけど、少しでもお金になればいいかなと。


意外な物が意外と高く売れたりするのが楽しかったり、
ちょっとした臨時収入と思えたり(元は自腹で買った物なんですが・・・)。

めんどくさくなって、ゴミの日にまとめて捨てる時もあります。

処分する物の判断基準

①1年以上着用していない物
1年以上着用しなかった物は、今後も多分着用することはないと思うので。


②サイズが合わない物
洗濯を繰り返し縮んでしまった服(自分が太っただけか)。
いざ履くと自分の足に合わず、足が痛くなるスニーカー。

特にスニーカーは試着した時は問題なくても、長時間履いて歩くと足が痛くなる物がたまにあります。
右足の親指の付け根だけ異常に痛くなるとか。
そのたびに自分の足の形が恨めしくなります。


③新しく似たような物を買った時
今まで着ていた古い服やスニーカーは処分します。

いわゆる“一捨一入”(順番的には一入からの一捨ですが)、英語で言うところの“One in,One out”。
出来るだけ物を増やさないように心掛けてます。


「また着るかも」、「高かったのになぁ」とか後ろ髪を引かれる思いもありますが、
その「また」はきっと来ないし、足が痛くなるスニーカーを我慢して履くのも馬鹿らしいので、
気持ちが変わる前に処分するようにしています。


2月もいくつか処分したのでその結果です。

2月の断捨離結果

・パツパツになったパーカー
・着なくなったシャツ
・足に合わないスニーカー
・あってもなくてもいいようなカバン
ヒートテック2枚
・靴下多数


不用品を捨て始めると「もっと要らない物は無いかな」と、
「捨てる」事自体が目的になってしまう時があるので気をつけてます。


あと、「いっぱい捨てたから何か新しい物を一つくらい買ってもいいんじゃない?」と悪魔の囁きも。

↓クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



ユニクロ UのTシャツが秀逸すぎた!

ミニマリストに憧れてる」とか言いながら、ちょこちょこ買物もしています。


ユニクロ UのTシャツを買いました。


かねがね、そのコストパフォーマンスの高さは色々なところで聞いていましたが、
今まではスルーしていました。


好きなブランドもあるし、たかがTシャツでも気に入った物を着たいと思ってましたが、
あまりにみんなが絶賛するもんだから、試しに買ってみることに。

まあ、失敗したらパジャマにでもすればいいかと。

安定のオリーブとネイビー。
コットン100%で、やや厚手の生地感。夏場なんかはこれ1枚でも透けなさそう。

シルエットがややゆったり目なのも、今の気分に合ってて嬉しいところです。
ガンガン洗濯しても、すぐにはヘタりにくそうなのもポイント高し。


シャツのインナーや夏の部屋着にしようと思っていましたが、これだったら外出用にも使えそう。
これが1,000円で買えるんだから、そりゃみんな絶賛するわなと。


夏場に1枚で着るなら、




こんな感じですかね。


なんの変哲もないシンプルなコーディネートですが、
40歳手前になって、服もコーディネートもシンプルなものに惹かれるようになりました。


若い時みたいにがんばって100点、120点のオシャレを狙うよりも、60点くらいの普通のオシャレで十分かなと。
あとはサイズ感と清潔感だけ気を付けてます。


手持ちのTシャツもシンプルな無地、ポケT、地味なボーダーばかり。
個人的にはこのシルエットで胸ポケットが付いたポケTがあれば、なお嬉しいところです。


このクォリティーのTシャツを1,000円で販売できるユニクロ 恐るべし。
今まで数千円出してTシャツ買ってたのがちょっと馬鹿らしくなった、っていうお話。

↓クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

【ミニマリスト】アラフォー男子の My定番 〜ボトムス番外編〜

以前、自分にとっての定番パンツの記事を投稿しましたが、
girrafe1158.hatenablog.com


自分のワードローブに欠かせないパンツがもう一つあります。

YAECAのワイドテーパードジーンズ。

腰周り、ヒップ、腿まわりはゆったりと、裾に向かってテーパードのかかったきれいなシルエット。
丈はやや短め、赤耳付きの、裾はもちろんチェーンステッチ。


昔はメリハリのある色落ちをしたジーンズが好きでしたが、
最近はワンウォッシュ程度の濃い色のジーンズの方が好みです。

ジャケットや革靴と合わせればキレイ目にも、
カットソーやスニーカーと合わせればカジュアルにも使える振り幅の広さも魅力。
手持ちのスニーカーとの相性も抜群です。


色落ちや洗濯の仕方にも一家言ありましたが、最近はまったくこだわりはありません。
汚れた時、気が向いた時に適当に洗います。特によく晴れた日は無性に洗濯がしたくなります。洗剤も適当。


適当に穿いて、適当に洗う。
色落ちもまた味となる、一番気を使わないパンツです。


オーセンティックで普遍的な5Pのジーンズ。
クローゼットに必ず1本は置いておきたいMy定番のパンツです。

↓クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村




【読書】言葉の持つ力

楽天マガジンを購読している。
girrafe1158.hatenablog.com

暇な時間に手軽に読めるし、普段読まないような雑誌も気軽に読むことができるので重宝している。


&Premiumを読んでみた。

https://magazineworld.jp/premium/

いつもなら、間違いなく手に取ることもないであろう雑誌。
「心に響く言葉、との出会い。」のタイトルに惹かれて、読んでみた。



第一線で活躍する21人の、いつも心に留めている大切な言葉とそれらにまつわるエピソード。

ドラマや歌に出てくる、心に響く台詞や歌詞。

物事の本質を捉え、大人もドキッとさせられる絵本の一節、等々。

いろんなことを考えさせられる、感動的で魅力的な言葉達が詰まった一冊でした。


個人的には「村上春樹の比喩表現」が面白かったです、とても。


普段の生活において、心無い言葉に傷つけられたり、逆に何気ない言葉に救われたり。
自分も自分の言葉で誰かを傷つけていないか、省みるいいきっかけに。


こちらも更新されてました。
www.bookbang.jp

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

& Premium (アンド プレミアム) 2019年 04月号 [雑誌]
価格:849円(税込、送料無料) (2019/2/22時点)


↓クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村