未必のミニマリスト

シンプルライフを目指すアラフォー男子の日々のこと

MENU

【非ミニマリスト】断捨離の反動

作用反作用の法則

kotobank.jp


今、無性に新しいスニーカーが欲しい。


2月にスニーカーを1足処分したし、
手持ちのスニーカーにも1足、
ソールに穴が空きかけている物がある。


それに、ここ数ヶ月は新しいスニーカーを買っていない。


断捨離の反動か、禁欲の反動か、
今、無性に新しいスニーカーが欲しい。

往年の名作"AIR JORDAN 1"か、
中学生時代、雑誌に載るそれを指をくわえて、
見てるだけしか出来なかった"AIR MAX 95"か。


色は白と黒(グレー)がいい。
派手さは無いが、主張も無い。
合わせる服を選ばず、永く愛用できそうだ。



スニーカーでも服でも家電でも、
何を買おうか色々探して、迷っている時間が楽しい。


機会費用と言われるかもしれないが、
自分がその時間を楽しめたら、それでいいではないか。



モノから得られる幸福感は、
買う(買った)瞬間がピークだと思っていた。


でも自分にとっては、新しく買ったモノを
初めて使う(使った)瞬間がピークだと気付いた。



ある、よく晴れた春の日。
まっさらな新しいスニーカーを履いて出掛ける。
想像しただけで少し、心が弾む。


素敵な靴は、
素敵な場所に連れて行ってくれる(かもしれない)。