未必のミニマリスト

ほぼ読書感想文です。たまに日記。

MENU

【読書】サリエルの命題 / 楡 周平

楽しみにしていた、楡 周平氏の新刊。

f:id:girrafe1158:20190621122332j:image

悪魔のウイルスの名は「サリエル」。

医療に通じ、癒す者とされる一方で、

一瞥で相手を死に至らしめる強大な魔力、

『邪視』の力を持つ堕天使――。

日本海に浮かぶ孤島で強毒性の新型インフルエンザが

発生し、瞬く間に島民全員が死亡した。

それはアメリカの極秘の研究データが流出して

人工的に作られたという疑いが。

 

テロの可能性が囁かれるうちに、

本州でさらに変異したウイルスの罹患者が現れる。

ワクチンもなく、副作用が懸念される治療薬が

政府の判断で緊急製造されるが、感染が拡大しても

全国民にはとうてい行き渡らない。

刻々と事態が変化していくなか、

果たしてパンデミックは回避できるのか?

 

救える命が有限であるならば、

その『優先順位』はどうやって決めるのか?

 

 

現代日本の超高齢社会における、

社会保障制度や高額療養費制度、

果ては来年に迫ったオリンピックまで。

 

 

山積した様々な社会問題に警鐘を鳴らす1冊でした。

 

 

貯まりに貯まった今までのツケを

現役世代とその子供や孫世代が

払っていかなければいけないとなると、

未来に希望なんて持てませんわな。