未必のミニマリスト

ほぼ読書感想文です。たまに日記。

MENU

【読書】トリガー / 真山仁

f:id:girrafe1158:20191003093355j:image

謀略の引き金はひかれた!
2020年7月24日、東京オリンピックがついに開幕した。現役検事ながら馬術競技韓国代表のキム・セリョンは五輪直前、二度も凶漢に襲われ、ある不正に関する極秘捜査をやめるように脅されていた。5月半ばには、在日米軍女性将校と北朝鮮の潜伏工作員の変死事件が相次いで発生。三つの事件の裏には、日韓の在日米軍に関するある謀略が蠢いていた――。アジアの安全保障を根底から揺るがすパンドラの箱が、いま開かれた!!

真実を求めて照準は揺れる!?
東京五輪馬術競技会場で起きた韓国代表キム・セリョン暗殺事件。背後には日米韓を揺るがす極秘情報が存在していた。事件の統括責任者として内閣参与に就いた元内閣情報調査室長の冴木は、北朝鮮の潜伏工作員・和仁と手を組み、真相に迫ろうとしていた。一方、セリョンのSPを務めた巡査部長の藤田は、彼女を守れなかった悔恨の思いを胸に、真犯人と、彼女が遺した“あるデータ”の行方を追っていた。すべてのカードが開かれたとき、世界は予想をはるかに超えた新しい顔を見せる――!!

 

舞台は2020年の東京五輪。圧倒的なリアリティーと日米韓が入り乱れるスケールの大きさが魅力の "謀略小説" 。

 

購入してからしばらく放置して、間にちょこちょこ違う本やら雑誌やらを挟んでのやっとこさ読了。

 

登場人物多め、肩書長め。

特に登場人物が日本人だけじゃなく韓国人、北朝鮮人、欧米人も数多く登場するだけに、途中で『え〜っと、どちらさまでしたっけ?』『今しゃべってるのは誰?』となることが多かった。

 

政府、官僚、警察と登場人物の肩書きも長く『どっちの方が偉いんだろうと』邪推したり。

 

人物を覚えるのが苦手な僕には人物相関図が必要ですね。

 

↓クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村