未必のミニマリスト

ほぼ読書感想文です。たまに日記。

MENU

【読書】トヨトミの野望 / 梶山三郎

f:id:girrafe1158:20200305093021j:image

創業家VS.左遷サラリーマン!日本の救世主は、ハズレ社員だった。気鋭の経済記者が覆面作家となって挑む日本最大のタブー「27兆円企業」に迫る!「失われた20年を、高度成長期並みに駆け、世界一となったあのトヨトミ自動車が潰れるときは、日本が終わるとき。日本経済最後の砦・巨大自動車企業の真実を伝えたいから、私は、ノンフィクションではなく、小説を書きました」(梶山三郎)

果たしてこれはフィクションなのか、ノンフィクションなのか。多分、限りなくノンフィクションに近いフィクション。

誰もが知る日本の某巨大自動車企業を舞台にした経済小説創業家である豊臣家と豪腕サラリーマン社長との闘い。出世争いに派閥争い。大企業って大変だなぁと。

本来であれば、競合他社がライバルなはずなのに、出世や自分の欲のために足を引っ張り合う。『獅子身中の虫』。大企業ってどこもこんな感じなんだろうな。

 

給与が多いに越したことはないけど、地位も名誉も名声も特に興味がないサラリーマンの僕には縁遠い話。

でも、面白いですコレ。続編の『トヨトミの逆算』も読まねば。

 

↓クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村